ネイル関連の求人募集

自分に合う求人が見つからないのはなぜ?

求人情報は数えきれないほど存在しているのに、自分の希望に合う求人が見つからない。
そんな人もいるかもしれません。
その場合、自分の希望に合う求人が見つからないのは、なぜでしょうか?

まず考えられるのは、自分の中でやりたい事が定まっていない可能性があります。
絶対譲れない希望条件が存在しないからこそ、たくさんの求人情報を見てもどれもピンとこない訳です。
そのため自己分析が不足していると言えるでしょう。

ただやりたい事も分からずに、条件のいい企業で正社員として働きたいという希望だけでは、アバウトすぎて、絞り込む事が出来ません。だから結果として、自分に合う求人が見つけられないのです。

ではそんな時は、どうすればいいのでしょうか?
まず自己分析の中で、自分が興味ある事、好きな事、具体的にやりたい事と、やりたくない事を明確にしていきましょう。

そして希望の条件が見つからないのは、高望みしすぎている可能性があります。
例えば給与や待遇に不満があるとします。
ですが給与の相場は、業界や職種によって大きく異なります。
また給与は経験値にも比例します。

そのため誰にでも出来る仕事に対して、企業は高い給与やいい待遇を与える事はありません。
逆に、経験や技術が必要で、即戦力として働ける人には、高い給与やいい待遇で迎えてくれるでしょう。
つまり給与相場を正しく理解する事と、自分自身にどれぐらいの価値があるのか正しく見定める事が重要だと言えます。

未経験だけど、給与相場よりも1.5倍高い給与を希望している。
そんな人の希望に合う求人が見つかる訳がないからです。
なので、理想を追うだけでなく、現実を向かい合ってシビアに希望を出す必要があります。

職務履歴やスキルを見直して、自分は何が出来るのか、何が得意で何が苦手なのか、考慮した上で、求人を絞り込んでいきましょう。
一人で考え込んでいるだけでは、なかなか気づけない事もあるかもしれません。

そんな時は、就職ガイダンスに参加する事も1つの方法です。
複数の企業に直接話を聞く事が出来ます。仕事内容を知り、興味を持てるかどうか判断する事が出来ます。
また就職ガイダンスの場合は、自己分析や履歴書の書き方を教えてくれるコーナーも用意されています。相談して人の意見を聞く事も、参考になると言えるでしょう。
とにかく就職活動では、頭で考えているだけでは解決しません。
どんどん行動する事が重要です。

たくさん企業を見る事で、比較対象が出来て、判断基準が出来てきます。
採用担当者と話す事で、自分がやりたい事が徐々に明確になってくるかもしれません。
あやふやな状態で、自分に合う求人が見つからない状態からスタートしてもいいのです。

そこからどんどん変わっていき、最終的に自分に合う求人を見つけ、採用されてその企業で働ける事になれば、就職活動は成功だと言えるでしょう。

Tags:
性別が限定される求人について
性別が限定される求人について

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA