ネイルサロンの求人情報

求人情報の福利厚生について

求人情報を見る時に、給与が同じ金額であっても、福利厚生の充実度の違いによって、手取りは大きく変わってきます。
また福利厚生が充実している企業は、働きやすい優良企業だと言えます。
なので、求人情報を見る時に、福利厚生の内容も必ず確認するようにして下さい。

ではどのような福利厚生があるのか、紹介していきます。
まず福利厚生は、「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の2つに分類されます。
法定福利厚生とは、雇用保険、健康保険、介護保険、労災保険、厚生年金保険などの社会保険全般の事です。

法律で定められている企業が実施しないといけない基本的な福利厚生です。
逆に言えば、法定福利厚生すら実施していない企業は、信用出来ませんし、ブラック企業だと言えます。

対して法定外福利厚生とは、法律で定められていない企業が自主的に提供している手当の事です。
交通手当がつく企業は多いですが、住宅手当の有無によって、家計の負担は大きく変わってきます。

ちなみに住宅手当の補助額は、1~2万円が相場となっています。
扶養家族がいる場合は、家族手当があります。
家族手当も企業によって、金額や支給条件は異なってきます。

あと1年に1度、健康診断を受ける際に、健康診断の費用は企業が負担するケースが多くなっています。
最近注目を集めている福利厚生は、ライフサポートです。
働き方革命の実現にあたって、独自の制度を設ける事で、働きやすい職場環境を作っています。

ライフサポートの内容とは、例えば企業内に食堂があり、一般的な飲食店と比べて料金設定が安い場合は、食費の補助となります。
他にも制服やユニフォームのクリーニング代は、企業持ちとなるケースがあります。
まだまだ全体的に見ると、取得するのが難しいかもしれませんが、介護休職や育児休暇がある企業は女性が続けやすい企業だと言えます。

慶弔関係は、該当者でなければ、そんな福利厚生がある事を知らないまま終わってしまう事が多いかもしれません。
ですが結婚祝金や出産祝金、傷病見舞金、弔慰金などの現金を支給されます。

また必ずしも福利厚生が企業内で行われるとは限りません。
外部に福利厚生を委託する企業も増えています。
外部に委託した方が、福利厚生の選べる内容が充実しています。
そのサービス内容は多岐に渡り、資格を取得するための専門学校の授業料の一部を負担、旅行の一部を負担などのサービスが実施されています。

このように求人情報で、福利厚生を確認する事で、その企業が社員のために働きやすい労働環境を提供しているかどうかの判断材料となります。優良企業を見抜く判断基準の1つと考えて下さい。

Tags:
求人情報の選ぶポイント
求人情報の選ぶポイント

コメントはまだありません

ブラック企業の求人の特徴
ブラック企業の求人の特徴

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA