ネイルサロンの求人情報

ブラック企業の求人の特徴

ブラック企業という言葉も、かなり世間に浸透しました。
逆に言えば、それだけブラック企業が多く存在するという事です。

せっかく就職出来ても、ブラック企業の低賃金でサービス残業の毎日、過労で倒れるなんて事になったら大変です。

では求人情報をみて、ブラック企業を見抜く方法はあるのでしょうか?
ブラック企業の求人の特徴について紹介します。

まず何度も求人を出している企業には、要注意です。
現在は、人手不足なので、求人を出してもなかなか応募者が集まらないという可能性もあります。
ですが求人条件で、給与などの条件面が悪くないのに、求人頻度が高い場合、ブラック企業で離職者が多いと考えた方がいいでしょう。

離職者が多いからこそ、補充のために何度も求人を出しています。
ただ就職活動を始めたばかりの人であれば、その企業が頻繁に求人を出している事には気づけませんよね。

そんな人は他の特徴で、ブラック企業と見抜くようにして下さい。
社員の平均年齢が若く、大量採用している企業も要注意です。
一見若くて活気がある会社で、業績がいいから大量採用しているのだろうといいように解釈しがちです。
ですが体力的な消耗が激しく、若くないと体力が持たないために中高年がいない可能性もあります。
また昇給がなく、給与が低いままなので30代、40代になると結婚し妻子を養う事が出来ない為に離職者が多い可能性もあります。

そもそも大量採用しているという事は、大量に離職していて入れ替わりが激しいからこそ、社員の平均年齢が若いままなのです。
定年まで働き続けたい、そう思う企業であれば、平均年齢はそれなりに高くなるのが一般的です。

そしてアットホームを強調している求人にも要注意です。
アットホームなら人間関係に悩まずに、楽しい職場なのでは?
そんな期待をして応募してしまう人もいるかもしれません。

ですがアットホームとは、家族経営などの中小企業の可能性が高くなります。
そして社内行事が多く休日が潰れてしまい、サービス残業が多いなど、労働規定を守らず無法地帯なブラック企業かもしれません。

もちろん、求人情報に記載されている残業なしとは、本当に残業がないという意味ではありません。
残業代が出ないという意味だと解釈しておいた方がいいでしょう。

ネイリストの仕事に有益な情報を発信するサイト ネイリストジョブ https://www.nailist-jobs.jp/

あと求人情報で1番気になるのは、給与面ですよね。
20代でも月収30万円以上という具合に、高給を主張している求人も少なくありません。
ですが、未経験者で基本給が30万円という事はありえません。

残業代や交通手当、住宅手当、残業代など最大に支給されたとしたら、30万円になる可能性もあるという意味です。
実際に入社して、初任給は20万円で話が違うという展開になるリスクが大きいと言えます。
このように求人情報をよく見る事で、ブラック企業かどうか、見破る事が出来るようになるので、絶対にブラック企業への就職は回避するようにして下さい。

Tags:
求人情報の福利厚生について
求人情報の福利厚生について

コメントはまだありません

求人情報の選ぶポイント
求人情報の選ぶポイント

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA